寄り添いサービスゆうきのご利用方法を、利用者の方々とスタッフのストーリーで説明いたします。
ご利用の参考になさってください。(登場人物・設定はフィクションです)

ストーリー1 本間武志さん(46歳・独身)
<ストーリー1> 本間武志さん(46歳)
本間武志さん(46歳・独身)はスポーツ用品販売の会社に勤務している。営業などで市外~県外への出張も多く、休みも不定期のため、なかなか女性と出会う機会がない。独身のまま、気が付けば40代も後半に差し掛かる年齢になっていた。
結婚願望があるわけではないし、今更相手を探すつもりもない。親も結婚については何も言わなくなった。ただ時折、自宅の部屋で一人過ごしていると、ふと寂しさを感じることが増えてきた。
そんな時、たまたま営業先のゴルフショップに置かれていたチラシで、寄り添いサービスゆうきの存在を知った。ホームページを見て、依頼するかどうか1週間ほど迷ったが、一度試してみるくらいならばいいだろう、と自分に言い聞かせて、お試しコースを利用することにした。
本間さんが指名したのは、里中真由美さん(37歳)。セミロングの髪形が似合う、落ち着いた雰囲気の女性だ。月に2回程度、信濃川沿いのレストランで一緒に夕飯を食べて、普段の暮らしや仕事の愚痴を聞いてもらっている。
真由美さんが、静かに微笑みながら自分の他愛ない話を話を聞いてくれることで、本間さんは、孤独によって乾いていた心に水を注がれたような気持ちになる。
「自分の意志で話す相手・場所・時間を選べる、という形式は、自分の性格に合っていると思います。基本的には一人が好きだけど、たまには誰かと一緒に過ごしたい、という人に向いているサービスだと思います」と本間さんは語る。
毎月2回、いつものお店で真由美さんと過ごす時間は、本間さんの生活の中で欠かせないアクセントになっている。

サービスを見る

ストーリー2 田沢栄一さん(50歳)
<ストーリー2> 田沢栄一さん(50歳)
田沢栄一さん(50歳)は、毎週末の土曜日に、寄り添いサービスゆうきのスタッフである宮永絵里さん(30歳)を助手席に乗せて、県内の観光地や山林をドライブで回ることが楽しみになっている。
これまで仕事一筋で生きてきた田沢さんには、これといった趣味のようなものがなく、50代になって仕事がひと段落すると、余暇を持て余すようになった。
妻は友人たちとの旅行を楽しんでいる。自分も何かしなければと思うが、今更妻とは一緒に行けないし、これといって出かけたい場所もなければ、同伴してくれる相手もいない・・・。
そんな時、インターネットでゆうきの存在を知った。まさに自分のような男性のためのサービスだと感じた田沢さんは、「善は急げ」とばかりに、その日のうちに電話。ホームページの写真を見て、話しやすそうな雰囲気を持った絵里さんを指名した。
田沢さん夫婦には子どもはいないが、「もし自分に娘がいたら、絵里さんくらいの年齢や容姿だったに違いない」という思いもあった。
最初は、日本海沿いの夕日ラインや角田・弥彦山のスカイラインなど、メジャーなコースをドライブすることが多かったが、毎回同じルートでは芸がない、と感じるようになった。
絵里さんと一緒に行く場所を開拓するために、地元の書店で新潟の観光・グルメ案内の本を買った。地元にこんなに多くの観光地やグルメスポットがあったなんて、今まで全く気が付かなかった。
それでも、これから絵里さんと一緒に回ることのできるスポットがたくさんある、ということでもあるので、田沢さんは年甲斐もなくワクワクしている。日々の暮らしに寄り添ってくれる人がいると、行動の幅と人生の幅が広がる、と感じている。
「ゆうきのサービスを利用することが、自分自身の興味関心、そして地元の魅力を再発見する良い機会になっています」と田沢さんは語る。

サービスを見る

ストーリー3 西村永治さん(65歳)
<ストーリー3> 西村永治さん(65歳)
西村永治さん(65歳)は、定年退職後、ローンの支払いが終わった一戸建てに、妻と二人で暮らしている。孫たちは小学校に入ってからはあまり遊びに来なくなり、妻との会話もほとんどない。気晴らしに近所のコメリで苗を買って家庭菜園を始めてみたが、腰が痛くなってしまい、長続きしなかった。
そんな毎日の中で、寄り添いサービスゆうきのスタッフ・星佳代さん(52歳)と一緒に、街中のカラオケに行くことが、西村さんにとってストレス解消になっている。
西村さんがカラオケで歌う歌は、主に1970年代のフォークソング。若い世代の女の子は知らない歌ばかりだが、50代の佳代さんは「この歌、母親が聴いていました!」といって一緒に歌ってくれる。
お酒の強い佳代さんは、月に1回の飲み会にも付き合ってくれる。佳代さんと一緒に、新潟駅ナカのお酒ミュージアム「ぽんしゅ館」でお酒選びをすることも、西村さんの大きな楽しみの一つになっている。
「年を取ると、心も体も思うようにならないことが増えていきますが、どんなことでも笑い飛ばしてくれる佳代さんの明るさに助けられています」と西村さんは笑う。

サービスを見る

ストーリー4 黒沢良太さん(55歳
<ストーリー4> 黒沢良太さん(55歳)
黒沢良太さん(55歳・離婚歴あり)は、アウトドアやマリンスポーツが大好き。これまでは妻と一緒に楽しんでいたが、一昨年に離婚して以来、一緒に出掛けてくれる相手がいなくなってしまい、気分が落ち込んでいた。
そんな中、ゆうきで奥村英恵さん(40歳)と出会った。ファッションやお洒落にこだわる黒沢さんにとって、40代には見えない美貌の持ち主である英恵さんは、浜辺を一緒に歩いていて優越感を感じられる存在だ。英恵さんの何気ないしぐさや言葉遣い、綺麗な水着姿に、年甲斐もなくドキドキしてしまう。
アウトドアやマリンスポーツは全くの初めて、という英恵さんだが、黒沢さんの教えもあって、今では一緒に海や山での遊びを楽しめるようになった。
黒沢さんにとって、どんなことにも目を輝かせながら興味を持ってくれる英恵さんは、「教える楽しさ」を満たしてくれる存在でもある。
「一人の女性と、じっくりゼロから関係性を作っていきたい、という男性にとって、こうしたサービスはありがたいですね」と黒沢さんは語る。

サービスを見る